NEW POST

寝室にトイレ 父専用です。

b0368173_12520776.jpg
b0368173_12521780.jpg
トイレ画像から失礼します。

⬆は部屋置き介護トイレです。

義父のトイレでしたが、一度も使うことなく逝きました。
なので、その後は仏壇の前に置き朝に夕にと腰掛けていました。

わたしの父は大病をしたのにすこぶる元気で何事にも意欲満々の人でした。
バスを使い都内をあちこち、わたしですら行ったこともないミッドタウンにも
出かけていたようです。
流石に今はわたしも行ったことありますよ^^;

自転車に乗り少し離れたパン屋とか、図書館、映画館、毎日の株式情報と
ゆっくり座っている姿を見かけることも少なかったのです。

11月が来ますと90歳になります。

こんな父でしたが3月頃からでしょうか。
みるみるうちに痩せてきました。
食欲はあるものの食べられない。

何かをするのが億劫。
動きたくない。
便秘になる。
浣腸してとお願いされる。
思うように食べられない、そのリスクから脚が浮腫む。

着替えを手伝わせるようになる。
寝室を2階から下のリビングルーム隣の部屋にする。
2階に上がるのがきついのだそうだ。

週一の訪問治療、点滴を受けている。

一日の大半をソファで横になっている。

「パジャマでいいじゃない。」
「着替えたいんだ。」

そんな人だった?着たきりスズメでも構わない人だったよね〜。
何もしたくない。とは正反対のお言葉。

寝室を1階にしたのでトイレの位置が遠くなった。

「お母さんが入院していた時さ、部屋の中にトイレあったよな?
あんなのがココにあったら良いのにな。って昨日思ったんだ」

それは話が早いってもん。

嫌がるかな〜って思って言い出せずにいた。

こんなのがあるのよ、高かったのに一度も使うことなくだったからね。

紙パンツを履くのも素直に履いてくれたり。

「そろそろだな」
気弱になってる。

人間はそろそろって何となく感じるのね。

着替える時肩に触れてぞくっとした。
骨が浮き出している。
ターシャの肩と同じだ。


このトイレ、妹の手を煩わせる事が少ない。
妹にしてもらうのは、汚物の入った袋を捨てること。
消臭ビーズを入れること。
あとは自動でやってくれる。



b0368173_13264924.jpg
次回の診断までに何とか中性脂肪の数値を抑えたい。

オムレツの中身はキャベツです。

b0368173_13291402.jpg
悪玉コレステロールが少しだけオーバーしている。

素焼きのアーモンドは血管内のコレステロールを包んで外に排出すると聞き、
朝の豆乳ジュースとか酒のつまみにしたり摂るようにしている。
こちらの効果も楽しみだ。

蜂蜜ナッツなんてのがあるらしい。
コレは作れるな、自作は信用できるしね。


[PR]
by tumibon65 | 2016-05-17 13:41 | 暮らし

あいもかわらず今夜のつまみを考える。


by つみぼん
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31